ZAKKITYO
hitan214.exblog.jp
Top
第2回 SSの使い方-強化系SS-
2007年 02月 13日 |
○強化系SS

ユニットのステータスを強化するSSをそのままですが強化系SSと呼びます。
効果としては単体であったり全体であったり、強化対象はATであったりDFであったりと様々です。強化系SSは総じてアドバンテージを失いやすいと言う欠点があります。強化した対象ユニットがクローズしてしまった場合、強化した分は無効になってしまいますし、返却等された場合も同様です。またイクサーアタックされて発動した場合対象となるユニットがおらず不発となってしまうと言うこともあり、あまり多く投入することはためらわれる系統だと言えます。
単体強化であればリビングデッドを持つユニットや倒されにくいユニットを対象に取ることを考えるとよいでしょう。全体強化の場合はいかにしてユニットを多く並べた状態で効果を発動させることができるかがポイントとなります。

実際に強化系SSをいくつかあげながら見ていくことにします。


・単体強化系SS
魔法王国の魔法騎士力任せの格闘家集められた女性聖騎士魔法王国の巡回兵

強化SSは倒されてしまうと効果を失ってしまうため、倒されにくくする強化のほうが一般的に使われます。例えAT+30して攻撃して相手ユニットを1体クローズできたとしても、そのターン中にクローズされてしまえばそれだけの効果に終わってしまうからです。

大幅にDFをあげて普通の攻撃ではほぼ倒されなくなる魔法王国の魔法騎士のSS以外は基本的にリビングデッドユニットなどに当てることを考えたほうがよいでしょう。力任せの格闘家のSSはAuS(オートスキル)で回復効果を持つ月公国の再生騎士飲み込む巨大蜥蜴に当てることができれば回復効果が上昇し序盤から中盤での壁として機能するはずです。


・全体強化系SS
月公国の精鋭騎士雇われ鎧兵右の盾『ガーファス』-EX

全体強化系SSは単体強化と違い1体倒されても複数強化できていればアドバンテージを失いにくいのが特徴です。
逆に効果自体は単体強化SSに比べると多少劣るため、3体~4体と大量のユニットを場に並べた状態で当てることができるかどうかが鍵になります。SS発動時に最低1枚リムーブしなければならないため、その上で場にユニットを残せるようにLPをうまく調整することが大切です。
また、狩人『カサンドラ』魂削りの女剣士等のユニットであれば自分でLPを削って発動することができるためユニット数を維持しやすいと言う利点があります。

またそれぞれで見るとATが上がるSSは元々AGIが高いユニット構成にしておくと効果が高く、DFが上がるSSは元々多少DFがある耐久力の高いユニット構成にしておくと高い効果を発揮することができます。もちろん単体強化SSと同様にリビングデッドとの相性もよいでしょう。また使者『ノワールヴァイデ』とはLPをCS(クローズスキル)で削って場にユニットを残しながらSSを発動できるため、特に相性がよいでしょう。
[PR]